当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

 

 

 

 当連結会計年度(2020年11月1日から2021年10月31日まで)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により度重なる「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」が発出され、業種や地域により社会経済活動の制限が続いておりましたが、ワクチン接種が進んだことや感染防止の意識の高まりにより新規感染者が減少し、経済活動の正常化に向け、一部に厳しさは残るものの総じて持ち直しの動きが見られました。しかしながら、海外の規制緩和の動向や第6波への警戒感により依然として先行きは不透明な状況が続いております。 

 

 ウェディング業界におきましては、感染者の減少に伴い集客イベント等の再開や挙式・披露宴の延期が減少したことにより、施行数は漸増傾向にあります。

 

 このような状況の下、当社グループは、お客さまと社員の安全・安心を最優先事項と考え、「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」に基づき最大限の感染防止対策を徹底したうえで挙式・披露宴を実施すると同時に全社を挙げたコスト削減施策を推し進め、業績の回復に努めました。 

 

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は11,530百万円(前年同期比31.8%増)、営業損失は1,599百万円(前年同期は3,981百万円の営業損失)、経常損失は610百万円(同3,524百万円の経常損失)、親会社株主に帰属する当期純損失は411百万円(同4,235百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。

婚礼事業

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、度重なる「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」が発出される中、感染防止対策を徹底したうえで挙式・披露宴を実施してまいりました。 

その結果、前連結会計年度と比較し、婚礼組数が増加したことから、売上高は10,936百万円(前年同期比33.2%増)、営業損失は1,648百万円(前年同期は4,035百万円の営業損失)となりました。 

介護事業

売上高は550百万円(前年同期比2.6%増)、営業利益は41百万円(同24.7%減)となりました。 

食品事業

前連結会計年度(2020年10月)に食品事業を展開する子会社を設立し、売上高は112百万円、営業利益は6百万円(前年同期は1百万円の営業損失)となりました。